石田徹也

石田徹也

「俺俺」の装丁画になった、画家。若くして、すでに他界されていますが、それでもまだまだ、いやむしろ、衰えるどころか広がりをみせ、こんなに多くもの人たちが、石田さんの作品に魅せられているのです。ひとの心を動かしてしまう作品こそが真の作品といえ、それはこの先も生きつづけ伝えられていくのでしょう。

サマリー

石田 徹也(いしだ てつや、1973年(昭和48年)6月16日 - 2005年(平成17年)5月23日)は日本の画家。 静岡県焼津市出身。父親は元焼津市議会議員。4人兄弟の末子。焼津市立小川小学校、焼津市立小川中学校、静岡県立焼津中央高等学校卒業。1996年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。元々高校は美術系を希望していたが、親からの強い要望で普通高校に入る。本人は苦痛を感じていたという。大学時代の友人に映画監督の平林勇がおり、共同で作品を製作していた。就職活動中に一社だけデザイン会社に行ったが、採用されず、画家としての活動する。蒸気機関車やビニール袋、便器などといった日常生活で使用するものと一体化した青年を題材とすることが多い。題材としている青年はほとんどが同じような顔をしており、作家本人と似ているが本人は否定している。2005年5月に踏切事故で死亡。死後、2006年11月にクリスティーズが香港で開催したオークション『アジアの現代美術』に Lot. 496 として出品された『無題』(2001年)は、78万香港ドル(約1200万円)で落札された。2009年、遺族が紺綬褒章を授与される。


作品

  • みのむしの睡眠(1995年 第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』 グランプリ受賞作)
  • SLになった人(1995年 第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』 グランプリ受賞作)
  • 飛べなくなった人(1996年)
  • 健康器具(1997年 JACA'97 日本ビジュアル・アート展 グランプリ受賞作)
  • 回収(1998年 キリンコンテンポラリーアートアワード1998 奨励賞受賞作)
  • 捜索(2001年 VOCA展2001 奨励賞受賞作)
  • 前線(2001年 VOCA展2001 奨励賞受賞作)

「飛べなくなった人」を含め、21点の作品を郷里の静岡県立美術館に遺族が寄贈した。

エピソード
ひとつぼ展のグランプリ受賞者個展をみた亀倉雄策が「何を食べたらこんな絵が描けるんだ?」と感想をもらした。