草食系

草食系

主人公である青年は、このカテゴリーにカテゴライズされてるといえよう。

ロールキャベツ男子も草食男子も

草食系とは、人間のタイプを表す造語。一般的な草食動物としてイメージされている事柄が性格や行動様式に当てはまっていると思われている人々を指して用いられる。対義語は肉食系。

マスメディア上で「草食系」に関わる用語が使用された最初の例は、2006年10月に、コラムニスト・編集者の深澤真紀が『日経ビジネス』のオンライン版で連載している「U35男子マーケティング図鑑」の中で「草食男子」と命名されたものである。それからおよそ2年後の2008年に女性ファッション雑誌『non-no』(2008年4月5日発売号)において、深澤の監修の下「草食男子」特集が掲載され大きな反響を得る。

その後も、2008年7月16日に大阪府立大学教授の森岡正博が『草食系男子の恋愛学』を刊行、2008年11月21日にもマーケティングライターの牛窪恵が『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』を刊行、いずれもベストセラーとなる。Google Trends によると、2009年2月15日〜2月21日の週に検索回数が突然大きく増え、かつ、このときが検索回数のピークであり、2009年2月17日には読売新聞が『安定志向の「草食系男子」』として取り上げている。2009年に入ると、読売・朝日・毎日・産経などの全国紙でも文化面や家庭面で特集記事を掲載したり、さらに草食系(主に男性)をクローズアップしたテレビドラマや映画も制作されるようになるなど認知度が深まり、2009年末には、その年に注目を集めた事象や用語に対して贈られる新語・流行語大賞のトップテンを獲得した[注釈 2]。 また日本国外でも、アメリカやイギリスなどの英語圏では「Japan's herbivore men」との名称で、中国などの中華圏でも「食草男」として報じられているが、そのいずれもが男性を指したものである。

もともと性欲の強い性格を肉食動物(狼、女豹など)に例える文化的背景があり、そこから派生した表現であるが、実際の野性動物においては捕食対象である草食動物の方が個体数が多く多産である必要があるため、一般的に肉食動物に比較して生殖行動は活発である。そのためイメージのみが継承されて生物学的な草食動物の特性とは乖離してしまっている。


草食系男子

草食系男子の定義は論者によって異なる。深澤は、「草食男子」を、『恋愛に「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした「草食男子」』と定義した。森岡は「草食系男子」を、「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う草食系の男性のこと」と定義した。牛窪の定義は深澤の『平成男子図鑑』の論旨とほぼ同様。森岡は、その後、「草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと」と再定義した。

パートナーエージェントが30代未婚男女400人を対象におこなった調査によると、「どちらかといえば草食男子」 (61%) 、「完全に草食男子」 (13%) と、「自分は草食男子」と思う男性は75%にのぼった。

マスメディアの取り上げ方としては、読売新聞の2008年8月19日付記事では、「男女関係の新たな時代を感じさせる」とやや肯定的な論調で報じられていた一方、元気のない若者の代名詞として男女を問わず「草食系」が用いられており(恋愛に消極的な若者という意味だけでなく、「ゆとり」のようにいわゆる「温室育ちの若者を表現する言い回しとして用いられることも多い)、2010年5月6日にNHKで放送された『日本の、これから』では、「若者の草食化」と題して中国・韓国の若者に比して元気が無い(と言われる)日本の若者を俎上に挙げた。また、アメリカのコリン・パウエル元国務長官は、「弱くてもささやかな幸せで満足する、つまり低いレベルの成功で満足することを望んではならない」、「だらだらしないで、たんぱく質をとり、もっと強くなりなさい」、「若者を草食系にさせておく余裕は日本にはないはず。日本の若者には強くなってもらわないといけない。筋肉をきたえてもらわないといけない。たんぱく質をとり、訓練して力をつけてほしい。」などと述べ、日本の若者の弱さや草食化傾向を批判する発言を行っている。

その一方、そもそも「(元気のある女性に対し)元気のない男性」というような草食系(男子)という定義自体に否定的・懐疑的なテレビ番組や記事(例:『週刊ダイヤモンド』2009年12月26日・2010年1月2日号)もあり、様々な議論が存在する。

なお、命名者である深澤は、「草食系」は自分の意図とはまったく反対の意味で流通するようになってしまったとしている。その理由を、女性誌が「モテない理由は草食男子です」と取り上げたこと、マスコミや広告代理店が車が売れない理由を「草食男子が物を買わないせいだ」と取り上げた2つを上げ、結果として「今ではネガティブな意味で使われてしまっている」「体の良い男性叩きの言葉を与えてしまい、申し訳なく思っている」と語っている。

医学的研究

草食系男子の男性ホルモン値について、池岡らは草食系とされる平均年齢30.9歳の男性21人のホルモン値を測定し、加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群診断基準の遊離テストステロン境界値以下を示す例を10名(47.6%)に認め、DHEA-sやIGF-1など加齢により減少するホルモンも正常値範囲内であるが低分泌傾向であったと報告している。


原因

女性の社会的地位の上昇に伴う恋愛観の変化。従来の日本では、男女が其々の家同士の縁に基づく見合いにより知り合い、結婚に至るのがカップル成立の流れであった。この時、男性が女性を気に入るか否かによって結婚に至るかどうかが決まっていた。即ち女性は完全に選ばれる立場に在り、相手の男性を拒む事は許されなかった。つまり、この時代の男性は女性というものは求愛をすればそれを拒む事無く甘受するものだという認識を有しており、全く臆する事無く、好みの女性にアプローチをしていたのである。

然し、近年上記のような状態から脱する事を望んだ女性達によりフェミニズムが台頭し、男女雇用機会均等法、ストーカー規制法等の関連法規が整備された事もあり、女性達は自らの好みではない男性からのアプローチに対してはっきりと拒絶の姿勢を取るようになったのである。この事は旧来の男女の恋愛観を一変させた。男性の脳裏には、常に自分は相手の女性に受け入れられるのか否かという疑念が付き纏うようになり、拒絶された場合、自らの尊厳が大きく傷付けられ、又、職場や学校に於ての関係も気まずいものとなる為、意中の女性にアプローチする事を躊躇うようになったのである。こういった状況の中で、女性と恋仲になるには、女性側からのアプローチを待つ他無いと考える者が出現した。これが所謂草食系男子(草食男子)である。インターネットの普及に伴いアダルト動画・画像等が無料で観覧可能になった事によるムッツリ化。現在インターネット上では無料で観覧可能なアダルト動画・画像等のアダルトコンテンツが膨大に存在しており、これ等は日々増え続けている。

また、国内のインターネット普及率は2009年をピークとして、それ以降は粗横這いに推移している。2009年のユーキャン新語・流行語大賞トップテンに「草食男子」が選ばれた事より、インターネットの普及と男性の草食化には相関があるものと考えられる。2012年のWikipediaの日本語ページ閲覧数ランキングに於ても、一位が「AV女優一覧」閲覧数18569543であり、二位の「AKB48」閲覧数7133542に倍以上の差を付けている。そして、インターネット上でAV女優の名前を検索すると無料で観覧可能なその女優の出演作品を載せたページが数多くヒットするのである。これはインターネット利用者の多くがインターネットでアダルトコンテンツを観覧している事の大きな裏付けである。つまり、世の男性の多くが、生身の女性と交際するには手間や費用が掛かる為、インターネット上のアダルトコンテンツをオカズとした自慰により自らの性欲を解消する方が楽で経済的であるとの考えに至った事により、生身の女性を求めなくなったという事である。

ロールキャベツ系男子
外見は草食系男子のように見えるが、実は肉食系男子である羊の皮をかぶった狼のような人たちのこと。巷では人気のある男子である。反対語として、アスパラベーコン巻系男子という言葉もある。
草食系女子(草食女子)
草食系男子という造語に対応して、女性に対しても草食系という語が用いられている。「恋愛に苦手意識を持つ女性」「恋愛において受け身な女性」「男性の積極的なアプローチを苦手とする女性」を指すが、「草食系男子」や「肉食系女子」といった言葉に比べると話題になることは少ない。Z世代(ジェネレーションZ)と呼ばれる、1985年から1991年に生まれた人たちを対象としたインターネット調査によると、女性では37.5%が草食系であると回答している。(男性は45.4%が草食系であると回答)